介護を心のそこから楽しむ3つの方法〜その2

介護を心のそこから楽しむ3つの方法〜その2

介護を心のそこから楽しむ3つの方法

介護を心の底から楽しめる
と言うと

どんなことがあっても
ニコニコして
受け入れてくれる

聖母様のような人を
想像してしまう
けれど

それはほぼ
無理な話。

そんな人、いるわけない!

イラっとしたり
つい切れたりしてしまうのは

目の前で起きたことに
我慢できない自分が
悪いからではなく

本当はイラッとしたくない
「いい人でいたい」
「ニコニコと平然と優しく
ありたい」なのに

それをさせてもらえない
そういさせてはくれない

そこにハラが立っているのね。

そこにあるのは、
いい人であらねば
優しくなければ
という、「ネバの呪い」

その呪いをとくには
実は、ただやめると
決めるだけでいいのだけど

無理のない
一番小さなステップを
踏みたいのならば

自分にとっての小さな
ありえないを探すこと

0109_ml.jpg

そのありえないを
しながらも
誰からも、何も
言われない

心から喜ぶ自分を
想像すること

それが小さなステップ
試してみてね♪

明日は3つめをご紹介します

一人でうまく
小さなステップを
見つけられない方は
ぜひ、セッションに
いらしてくださいね♪

>http://karadanote.xsrv.jp/preasure_session/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です