介護の”大変”を超える力

介護の”大変”を超える力

【介護の”大変”を超える力】

介護は辛い、大変
それはあたりまえ

きっと育児が
そうであるように

大変なことはきっと
たくさんある

しかも相手は
赤ちゃんと違って

細胞や組織やエネルギーの
勢いが減速して
きていて

その人生の
終わりも見えてきて
いたりもする。

0bb7940b34e08f6a79d38bbef560291d_s.jpg

それをケアして
いくのだものね

そこで生まれる
出来事や感情が
大変じゃないわけがない

命に関わったりも
するしね

ならどうしよう
その「大変」

その答えは
自分で探して
いくしかない。

自分の中にしか
答えはないし
誰も、答えを
見つけてあげられない

答え、って
こうしたらいい、
これが正解、じゃなくて

「納得」なんだな

その人の納得

つまりその人が
納得できさえすれば
それが正解になる

目の前のいくら
理不尽な
大変なことでも

納得さえできれば
どんなものだって
超えられる

そして人は
そのチカラを持っている

たぶん、そのチカラを
使って
他人から見たら
大変とされること

我慢ではなく
無理ではなく
試練でもなく
根性でもなく

越えらえるという
確信と
可能性を持って
超える

そしてそれを
楽しむために

その人生を
選び取ったのじゃ
ないかしらね

 

介護プレジャーマガジンご登録はこちらから

介護プレジャーヒーリングメールマガジン

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です