介護が必要な人を放っておいてはかわいそう、なの?

介護が必要な人を放っておいてはかわいそう、なの?

【介護が必要な人を放っておいてはかわいそう、なの?】

介護が必要な人を
放っておいてはかわいそう

世間にはこんな
思い込みがしっかりと
根付いている。

しかしこれ、
正論でも常識でも
なんでもない!

もちろん!
具合が悪くて
物理的に
緊急のケースならば

手をさしのべ
続ける必要が
あるかもしれない

しかし、もし
生きるか死ぬかの
状態の時でさえも

それはその人の
人生であり
選択なのだ

その人が
生きるという
選択をし

自分のチカラで
選び取ることを
してもらわなくては
ならない。

誰も
代わりはできない

自分でふんばって
もらう必要がある。

その、代わりはできないところ
責任感があったり
優しかったりすると
ついつい請け負おうと
してしまう

それは
その人の人生を
代わりに生きようと
するようなもの

そんな不可能に
チャレンジすると
介護はいきなり
重く、辛くなってしまう

人には
自分で自分を
幸せにする
チカラがある

相手のそれを
信じることを
始めてみてはどうだろう?

どうしても
両親のことが
心配で仕方がない

という方は
自分軸をみつけに
セッションにおいでください♪

>>>http://karadanote.xsrv.jp/preasure_session/

介護プレジャーマガジンご登録はこちらから

介護プレジャーヒーリングメールマガジン

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です