介護の大変さは人それぞれ

介護の大変さは人それぞれ

【介護の大変さは人それぞれ】

自分の親は

介護認定が1だから

5の人に比べたら

そんなに大変じゃない

とか

 

まだ介護認定は

受けていないから

大変なんて言えない

とか言うのは間違い

 

介護って

される側、する側の

さまざまな事情で

本当に変わってくる

 

だけれども

介護認定という

ものがあって

数字で分かれている

もんだから

 

それを見ると、つい

それを大変さの

目安にしてしまいがち。

 

1よりも5の方が

介護度が上がるから

介護している方も

比例して大変と

思いがちだし

周りもそう

判断しがち

 

 

確かに

認定の1よりは5の方が

介護のてはかかる。

 

しかし介護って

される側、する側の

さまざまな事情で

本当に変わってくる

 

そしてこれが

ココロの負担とも

比例しているという

わけではない

 

介護している人自身も

周りもそう

思ってしまいがちだけど

 

自分のココロの大変さを

小さく見積もってはいけない

 

人と同じものさしで

測ろうとしてはいけない

 

きつい!つらい!

そんな感情は

方程式のように

こういう状況でこうしたら

これだけ出る

というものでは

ないんだから

 

どうぞ、大変だと

自信を持って言いましょう♪

 

言うのがなんだか

気がひける。。。という方は

 

どうぞ、

セッションへおいでくださいね。

 

気が引けずに

きちんと大変と言えるように

サポートいたします♪

詳細はこちら

http://karadanote.xsrv.jp/preasure_session/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です