自分自身がストレス過多になっていると、改めて確認できた「介護プレジャーセッション」お客様の声

自分自身がストレス過多になっていると、改めて確認できた「介護プレジャーセッション」お客様の声

お客さまの声「介護プレジャーセッション」

山崎明美さまより

セッションをうけようと思ったきっかけ

遠方にある実家の母の介護が本格的になってきたこと、

仕事の業務量も負担になっていたところに、FBの友人のリンク記事により、中條さんを知ったこと。

そして、介護をしながら海外にも行っていた、ということを読み、そういう介護ができればと思ったこと。

セッション前に抱えていた問題点

問題でもあり、すぐに変更できないことでもあり、その状況で何とかしていくしかない、と思っていますが、

実家が遠方のため、近くに居て対応できないこと。

つまり、ある程度の速さで解決できることが減ること。

介護・看護サービスを利用中ですが、サービスの質に疑問を抱いていたこと。

 

セッション後に解決できたこと

自分自身がストレス過多になっていると、改めて確認できたこと、

すぐに解決できないことを焦っても仕方ないとリマインドできたこと、

そもそも罪悪感はほとんどなかったのですが、中條さんと話している中で、少しはあることを認識し、

ストレスや罪悪感を貯めないようにしようと改めて心したこと。

 

中條マキコはどんな人だったか

あかるくて、ふんわりした人でした。

肩に力が入っていないので、こちらも楽にお話できたように思います。

イメージとしては、わたあめ、を思い浮かべていました^^

 

どんな人にオススメか?

介護をしている中で、自分を楽しませることに後ろめたさを感じてしまう人、

他の人に介護をゆだねる部分をつくることに戸惑いが大きい人、

誰かに介護を頼むことに罪悪感を感じる人、

自分がやらなくては、他にいないと思ってしまう人、でしょうか。

 

介護プレジャーマガジンご登録はこちらから

介護プレジャーヒーリングメールマガジン

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です