介護は”はずれクジ”ではない

介護は”はずれクジ”ではない

【介護は”はずれクジ”ではない】

介護があると、どうしても

自分のために使う時間が

限られてきてしまうもの

 

今まで、自分の

仕事、趣味、生活に

100%使えていた時間の

割合はどうしても

減ってしまいます。

 

家族の介護を

逃れられないものと捉え

そのために

自分の時間が減り

楽しみが減る

と感じると

 

つい、

貧乏くじ、ハズレくじを

引いたと思ったり

 

あるいは、

今まで好きに暮らしてきた

バチが当たった、などと

思うことも

あるのかもしれません。

ml_180202.jpg

仕方がない、

我慢しなくてはいけない

介護がない人が羨ましい

そう感じるのも

無理はないかもしれません

 

そんな時に

思い出して欲しいのが

「人生に正解や勝ち負けはない」

ということです

 

人と比べてもいいんです。

その、比べた結果に

一喜一憂する必要は

ありません。

 

人との違いを

それだけ見つけられるのなら

その違いを

選んだ自分の

本当の願いにも

気づけるはずです。

 

自分が

介護ある人生を選ぶことによって

何を学ぼうとしているのか

それをエネルギーに

どこへ行こうとしているのか

 

そんなことを

考えてみるのも

 

たまにはいいかも

しれませんね

 

それを見つける

お手伝いが必要なら

ぜひセッションへおいでください♪

 

あなたの望み

見つけるお手伝いをいたします♪

>>>
http://karadanote.xsrv.jp/preasure_session/

介護プレジャーマガジンご登録はこちらから

介護プレジャーヒーリングメールマガジン

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です