介護を親への恩返しにしないためには?

介護を親への恩返しにしないためには?

【介護を親への恩返しにしないためには?】

介護でやっかいなのは
それを「親孝行」と
結びつけやすいから

親に育ててもらった恩
ということばが
あるけれど

恩を返さねば!
と思うと
その、受けた恩と
同じものを
返さねばならないと
思いがち

そして、その
やらねば、という
義務感は、
必要以上の頑張りをうむ。

これでやっと同じくらいと
子供が判断しても
親にはそう
思えないかもしれない

また、その逆の
場合だって。

それをはかり、
同じだけ返そう、という
不可能なことは

やめてしまおう。

それを、同じだけ
返さなくてもいいとしたら?

あるいは
全く返さなくても
いいとしたら?

本当にそれでは困ると
思うのは、いったい
誰なんだろう?

そのものさしを
一回だけでもいい
捨ててみて

そして、本当に
心のそこから
喜びと感謝を持って
自分が返したいだけ
返してみたら

きっと世界が
変わるはず。

変えたいけれど
変えられない!
手伝ってほしい、と
思ったら
どうぞセッションにおいでください

介護で自分の人生を
後回しにしないための
自分軸を手に入れる!

そのための小さな一歩、手渡します

もう自分の人生を後回しにせず
介護も海外一人旅も楽しむ
自分軸を手に入れる!!!
「介護プレジャーセッション」
2月枠まだまだ受付中です。

2月のセッション枠
18日(日)
19日(月)
27日(火)

セッション時間枠は下記から
ご確認ください

▽詳しくはコチラ▽

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です