My story 2

My story 2

私が、将来なりたかったもの

一番最初は、音楽家でした。

次が小説家。

その次がエジプトの考古学者。

そして漫画家。

 

漫画家の夢は30代まで続きます。

中学の時に父が

大阪へ単身赴任

中学生にはありがちな

父親嫌いで

母とかなり

価値観を共有していました。

 

学校を休むことも無く

スカートの丈を

変える事もなく

かなり真面目な学生でした。

 

内気さは続いていて

男の人とも

あまり喋れず

 

漫画家になりたくて

美術系へ進もうと

高校2年生から

美術の予備校へ通います。

 

兄の進学で

いろいろと余裕が

なかったのか

または、美術では食っていけないと

思ったのか、

 

まぁ勉強も

できなかったのですが

四年制を受けることは許されず

デザインの専門学校へ進学しました。

 

そして入学して二年目に

私はふと気づいたのです。

 

「あれ、ここ

絵の勉強するところじゃない!」

 

遅すぎる。。。

それでもデザインの授業の課題は

いろいろアナログで楽しくて

本来の工作好きには

たまらない環境でした。

 

まだパソコンを使わない

時代でしたからね。

 

専門学校の3年間が終わり

私は在学中からやっていた

時給1000円のアルバイトを

続けながら、

漫画の持ち込みを始めたのです。

 

時代はバブル。

世の中の景気のよさとは

あまり縁のない感じでしたが

自分の性格にあった

「低空飛行」でいこう

 

そう、決めていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です