介護の大変さを誰もわかってくれない!の不満を解消する

介護の大変さを誰もわかってくれない!の不満を解消する

【介護の大変さをわかってもらうためにできる3つのこと、その3】

介護の大変さが、なかなか

周りの人にわかってもらえない

そんな時に意識したいポイントの

一つ目は

「相手は変えることができない」

その不可能さに気づくことと

お伝えしました。

 

不可能にチャレンジしてしまうと

自分を疲弊させ、

くじけさせることになります。

 

では、

相手に喜んでもらおううと

するのは

無駄な努力ということ?

 

そう思った方も

いらっしゃるでしょうね

 

もう少し、丁寧に

そのステップを

見ていきましょう

 

何かをすることで

相手が反応する

基本はこれです

 

ありがとうと言ってもらう

嬉しそうな顔をする

それのどちらも

相手の「反応」だと

いうところが

ポイントです。

 

必ず決まった反応

というのは、

自然界では起こりようが

ありません。

 

自然のものは

刻々と変化しています。

そのものも、環境も

私たちも

自然のものですから

刻々と

変化しています。

人の細胞は

毎日入れ替わっています。

 

もし、同じ、と

思えたとしてさえ

実は同じ反応を

決して返してはいない

これが真実です。

 

太陽が東から昇るのと同じ

自然の理

 

そこを

特定の言葉や態度

といった反応の仕方を

期待してしまうと

期待通りでない時に

がっかりしてしまうわけですね。

 

大切なのは、自分が

コントロールできないものではなく

コントロールできるもの由来で

自分の楽しみを

創り上げることが大切なのです。

 

何かをすることで

相手が反応する

 

この、前半の

「何かをすることで」

に、注力し、喜びを味わう

そして、後半の相手の反応は

相手にお任せする

 

これをすると

逆に、相手の反応が

変わってきます。

 

その仕組みが

どういうものなのかは

不明なのですが(笑

 

特定の反応を期待して

何かする、

のではなく

何かをすることに

喜びを感じる

だけなのですね

 

人にはそれしか

できないのです。

 

そして

不思議なことに

その、本来のことをすると

結果がついてきます。

 

結果は、ただ訪れるもの

そこに

喜びも訪れる

 

その自然のルールに

逆らわないでくださいね

 

自然のルールに逆らわず

大変さをわかってもらう

方法が知りたい!という方は

ぜひセッションに

おいでくださいね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です